パサパサ

思春期は過ぎているのに出来る難治性の“大人のニキビ”の社会人が増加傾向にある。もう10年以上このような大人のニキビに苦しんでいる方が専門の皮膚科クリニックに来ている。
美容雑誌においてリンパの滞留の代表格のように語られる「浮腫」には大きく2種類に分けて、身体のどこかに病気が潜んでいる浮腫と、病気ではない人でも出現する浮腫があると考えられている。
形成外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康な体に外科的な施術をおこなう美意識重視の行為なのを差し置いても、安全への意識が足りなかったことが一つの大きな因子なのだろう。
美白は2000年の少し前に化粧品会社創業者・鈴木その子が一押ししてブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニンの沈着が原因のしみ対策のキーワードとして使われていたらしい。
内臓の健康具合を数値で測ることのできる専門の機械があります。『ノイロメーター』という名称の医療機器で、自律神経の状況を調べることで、内臓のコンディションを確認できるという内容のものです。
美容とは、結髪や化粧、服飾などを用いて見た目をより一層美しく装うために形づくることを指す言葉。かつて江戸時代には化粧(けわい)と同じ意味で使われていたようである。
頭皮ケアの主要なねらいは髪の毛を健康に保持することにあります。髪に水分がなくパサパサして艶がなかったり抜け毛が増えるなど、大勢の方が毛髪の悩みをお持ちのようです。
レチノイン酸療法は、目立つ濃いシミをほんの数週間で薄い色にするのにいたって適している治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・紫外線が原因の肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに優れた効果があります。
なんとかしてキレイに見せたいという気持ちで自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう人がいらっしゃいますが、こと目の下の皮膚は薄くて弱いので、ただただゴシゴシと力任せにおこなうフェイシャルマッサージは止めておいたほうが良いでしょう。
ネイルケア(nail care)というものは、手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れを指す。健康、美容、ファッション、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全というような多様な場面で活躍しており、ネイルケアは確立された分野の一つとなっているのだ。
ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、身体の内部に澱のように溜まった様々な毒を体外に排出させるという健康法の一種で誰にでも行える代替医療に類別される。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。