先を見据えた働き方

えを描く仕事に就きたいという思いを持つ人は、今の時代でも結構多いんじゃないでしょうか?
自分自身、元々絵を描くのが好きでその後なんとなく仕事にしていって数年たっていますが・・・そんな立場からすると絵を仕事にすること自体は万人に進められるものでもないというのが正直なところですw
 
そもそも技術やセンスで生きていくという道は本当に厳しいものです。今は良くても、年をとったらあとから来た若い世代に確実に抜かれていきます。そうなったとき、絵だけしかやってこなかったのなら非常に苦しい状態に陥ることだってあるでしょう。
常に次の道も見すえながら、自分の将来をコントロールしていく努力も欠かせません。そのうえで技術自体の向上もはかりつづけないといけないんで、やっぱ大変です。しんどいですw
 
絵が好きでも仕事にはせず、趣味のままで行くという人も意外といます。そういった人は発信やコミケでの販売などは行って、趣味にとどめながらも楽しんでいる人が多いです。
ただ仕事にしてしまうと、単純に楽しいだけでは済まなくなってしまいます。また自分の好きではない方向性の絵も当然描かないといけないので、そういった悩みやジレンマも出てくるでしょう。
 
絵を描く仕事につくための方法をまとめているこちらの記事を最近たまたま目にしたんですが、この人自体も絵を仕事にしてその後独立しているようですがやっぱりかなりの不安を抱えながら会社で働いていたそうです。
同僚の人たちも結構独立する人が増えているようで、絵の仕事で働いていくと結構分岐点があるようなんですね。ここは自分も肝に銘じておきたいところです。
 
もちろんどんな仕事に進んでも、今の時代は万全なんてことはありません。ほとんどの人が転職や独立をして人生を歩んでいくことになるでしょう。
でも、急に肩を叩かれて慌てるよりもまず自分から準備をしておけば苦労は減らせるはずです。先を見ながら動いていく、それだけは忘れずにいたいと思います。