全身脱毛ではサロンとレジーナクリニック表参道院のどちらが良いのか

◆そもそもサロンとクリニックは何が違うのか
全身脱毛を受けられる場所にはサロンとクリニックがありますが、そもそも何が違うのかをはっきりと理解できているでしょうか。この二つの違いは医療機関として医師が診察や治療をしているかどうかです。クリニックの場合には診療を担当する医師がいて、来院した人の問診や施術を担当する仕組みになっています。それに対してサロンの場合には特に医師免許などを持っている人が担当するわけではなく、脱毛に関して知識や技術を持っている人にカウンセリングや施術をしてもらうことになります。

◆サロンとクリニックで違う光の出力
医師は皮膚科の専門医としての知識を持っているのが一般的で、肌の性質について詳しいのが特徴です。そのため、クリニックでは肌の様子を医学的見地からきちんと管理をしながら、強い出力のレーザーを使って脱毛をすることができます。それに対してサロンでは医療用レーザーを使用できる資格を持っている医師がいないので、出力が低い光を使って光脱毛をすることになります。

◆施術の仕方によって生じる5つの違い
レーザー脱毛か光脱毛かによって全身脱毛には5つもの違いが生じます。サロンとクリニックのどちらを選ぶで重要なポイントなのでしっかりと比較しておきましょう。
1つ目は全身脱毛を完了するのに必要な回数です。出力の高いレーザーを使うと効果が大きいので少ない回数で全身脱毛が完了します。永久脱毛までに6回前後というのが一般的で、サロンの光脱毛では6回では生えにくくなる程度で2倍以上の回数が必要になりがちです。
2つ目は全身脱毛を終えるのに必要な期間です。脱毛は1ヶ月~2ヶ月に1回のペースで施術を受けるのが一般的なので、回数が少なければ期間が短くなります。クリニックの方がサロンよりも短期間で終えられるのです。
3つ目は全身脱毛の効果の持続性です。レーザー脱毛の方が威力が大きく、脱毛の効果が広く浸透して持続性が高くなることが知られています。永久脱毛に少ない回数でできる点からも持続性が優れているのが想像できるでしょう。
4つ目は全身脱毛に伴う痛みです。強いレーザーを使うのでクリニックの施術は痛みを伴いがちです。サロンの場合には光の出力が低いのであまり肌を刺激せず、痛みがほとんどないのが魅力です。
5つ目は全身脱毛にかかる費用です。一回あたりの費用はクリニックの方が高くなっています。ただ、回数はサロンの方が多くなるのでトータルでかかる費用は個々に比較してみないとどちらが高いとは一概に言うことができません。ただ、サロンでもクリニックでも一括払いだけでなく36か月くらいを上限とする分割払いにも対応していることが多くなっています。

◆費用対効果でサロンかクリニックかを選ぼう
サロンとクリニックの違いは医療機関かどうかで、医師がいるクリニックでは出力の高いレーザーを使った全身脱毛を受けられます。脱毛の回数や期間、持続性ではクリニックが優れていますが、痛みを伴うリスクがあるので注意しましょう。痛みを気にせず安心して通える点ではサロンが優れています。費用についてはトータルではあまり違いがないので、何にこだわって全身脱毛をしていきたいかを考えて費用対効果の高い方を選びましょう。

レジーナクリニック 表参道