学研ひみつシリーズ『切手相場のひみつ』

切手を買い取ってもらおうと査定に出した後に、買い取ってもらう価格が思ったような金額ではなかったときや、思い出のある切手だった時、結局、「自分で持っていたい」と思うことがあるかもしれません。
キャンセルを査定額を出した後にしたい時でもキャンセル料は必要ないという鑑定士もあります。買取を申し込みたい時は、依頼前に、見てもらうだけでお金がかかるのかどうか、キャンセルを査定の後にしたい時に、代金を取られるかというようなことをしっかり確認しておきましょう。
切手を買い取ってもらう場合には、バラよりもシートのコンディションの方が高値が付きます。
そうはいっても、一つ例を挙げると、枚数は多いがバラばかりだというケース、買取の際、工夫すればレートを高くできます。なんだと思いますか?それは、台紙に貼りつける、という方法です!どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。
それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。単にこれをするかしないかでレートが10%も違うことが考えられるのでいつかのために忘れないようにしてくださいね。ほぼすべての切手を買い取る鑑定士ではプレミア切手という呼び名の切手も買い取っています。
プレミア切手というのは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。
とても珍しいものなので、シートとしてでなくバラであっても買取価格が高くなる事も十分あり得ます。
切手のような多数収集することが多いものは、そうやって収集したものをいっぺんにお店で買い取ってもらおうとする時は鑑定にそれだけ時間がかかることになり大分待たされるかもしれません。
そんなことを視野に入れると、インターネットで切手の査定を受けることは家から出ることなくいつでも手続きしてもらえるので、とても重宝するやり方でしょう。
梅雨時は特に心配なのはカビです。
今年は運よくあまり被害を受けず、掃除が終われるかと思ったら生前の父がこまめに集めていた様々なシートや記念切手、バラなど、たくさんの種類の珍しい切手アルバムを何冊か見つけ出しました。見かけ上、傷みはないようですが、このまま継続してうちに置いていても質が落ちてしまいそうな気がします。
いずれ近いうちに、買取に出しても許される時期でしょうかね。
記念日があった時に「記念切手」として出されたりと、扱われる時期がいつなのかによって切手は一枚一枚の市場に出回る量も大変な幅で上下します。
そのことによって、買取価格も大分差が出てきますから少しでも高い値段で買い取ってもらうにはどの時点で珍しい切手を買い取ってもらうかも重要なファクターです。
収集した切手が大量にある場合、業者へ直接持ち込むのではなく出張買取のシステムを使うのが、賢く買い取ってもらうポイントです。
ここ最近では店として切手買取を専門として掲げているところも出現し、意欲的に出張買取をアピールしている鑑定士も増えています。
出張買取の優れている点というと、店まで行かなくて済むことと、たっぷり時間をかけた鑑定が受けられるということです。
紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。
実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。
そうであれば、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。
あんまりひどい場合は無理でしょうが、わずかな破損で十分に額面が見えるような切手であれば、そのまま使っても大丈夫でしょう。
ですが切手を鑑定士に売ることは不可能に近いです。
切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、使わない切手をお持ちなら、「そうだ、切手を買い取ってもらおう」と思い立つ人も中にはいるでしょう。
この時、重要なこと、それは買取鑑定士をいかにして選択するかです。
よほどのマニアならともかく、大多数の人がよくわからないと思いますので、今までの切手の買取の実績についてと、評判はいかがなものかを考慮しながら、どこの業者にするかの選択を行うことをおすすめします。実際に珍しい切手を買い取ってもらうという場合、通常、額面の料金そのままでなく、何パーセントか安い値段で買い取ってもらう場合が多いです。しかし、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、高額に買い取りしてもらえる場合もあります。
切手の価値は買取に出す前にそれなりに理解しておくことをお勧めします。